Zakki

I will write in various ways

コロナ(COVIT-19)感染拡大の中、妊娠中の妻を持つ夫が気をつけるべきこと/やるべきこと

f:id:do-butsunomori:20200412111722j:plain

 

【主題】コロナ(COVIT-19)感染拡大の中、妊娠中の妻を持つ夫が気をつけるべきこと/やるべきこと

f:id:do-butsunomori:20200412122407j:plain

感染拡大の一途をたどり続けるコロナウイルス(COVIT-19)

先日ようやく日本でも緊急事態宣言が発令され、各自治体で様々な対策にむけた動きが出てきております

過去に例を見ない被害が出ているコロナウイルスですが今回は妊娠中

の女性に与えるコロナウイルスの影響と妻を支えるべき夫が何をすべきかお伝えさせて頂きます

コロナウイルスが妊娠中の女性に与える影響/懸念まとめ

もしも妊娠中にコロナウイルスに罹ったと想像したらゾッとしますよね

漠然とした不安をお持ちの方も多いと思います

実際に妊娠中に感染した場合どのような影響があるのかまとめました

f:id:do-butsunomori:20200412111418j:plain

2020年3月31日時点での報告事例

2020年3月31日時点での日本産婦人科感染症学会の報告によると

2 月 12 日付の Lancet の報告では、武漢市内で妊娠後 期に COVID-19 に罹患した妊婦 9 例の解析で経過や重症度は非妊婦と変わらず、子宮内感染 は見られなかったとしていますi 。また,胎盤病理解析を行った 3 例で、母子感染は認めら れませんでした。ii また、妊娠中に罹患した 13 例の妊婦のうち,1 例に妊娠 34 週の子宮 内胎児死亡が報告されましたが、その原因は胎児へのウイルス感染ではなく、母体の重症 肺炎と多臓器不全によるものとされています。iii 一方、武漢で妊娠中に COVID-19 に罹患 した 33 例の妊婦において、3 例に子宮内感染が認められ,いずれも児は救命できたものの、 31 週早産の一例(母体肺炎で緊急帝王切開)では重篤な肺炎と敗血症が見られたとされて います。iv また、武漢の他の研究施設から,妊娠末期に帝王切開した 6 例中 2 例で子宮内 感染のときに検出される IgM 抗体が陽性であったとする報告があります。

 妊娠中ならびに妊娠を希望される方へ (2020/03/31 更新) 日本産婦人科感染症学会_第 8 版

という情報が展開されております

要約したのが下記

  • 母子感染する場合としない場合がある
  • 子宮内感染は3件発覚しているがいずれも胎児は救命できている
  • 死亡事例もあるがコロナの影響ではなく母体の肺炎&多臓器不全によるもの
  • 妊娠末期に帝王切開した6件中2件で陽性

感染すると100%大きな問題が起きるという状況ではないものの胎児への影響は少なからずありそうです

肺炎が妊婦に与える影響

コロナウイルスの代表的な症状としては肺炎が主だと思いますが

もし妊娠中に肺炎に罹ってしまった場合どのような影響があるのでしょうか

⼀般的に, 妊婦さんの肺炎は横隔膜が 持ち上がるために換気が抑制され, またうっ⾎しやすいことから重症化する可能性があります。

新型コロナウイルス感染症 - 日本産婦人科感染症学会

特効薬として注目を浴びる「アビガン」は、妊婦には使用できない

コロナウイルスの特効薬として注目を浴びつつある「アビガン」ですが、妊婦には使用できません

動物実験で下記の影響が確認されているためのようです

動物実験において、本剤は初期胚の致死及び催奇形性が確認されていることから、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと(「禁忌」及び「6.妊婦・産婦・授乳婦等への投与」の項参照)。

妊娠する可能性のある婦人に投与する場合は、投与開始前に妊娠検査を行い、陰性であることを確認した上で、投与を開始すること。また、その危険性について十分に説明した上で、投与期間中及び投与終了後7日間はパートナーと共に極めて有効な避妊法の実施を徹底するよう指導すること(「6.妊婦・産婦・授乳婦等への投与」の項参照)。なお、本剤の投与期間中に妊娠が疑われる場合には、直ちに投与を中止し、医師等に連絡するよう患者を指導すること。

KEGG MEDICUS_医療用医薬品 : アビガン

 

妊娠中の妻を守るために夫が気をつけるべき/やるべきこと

上記でも記載したとおりもし妊娠中にコロナウイルスに感染してしまった場合、特効薬の可能性を持つ「アビガン」は副作用発生の可能性があるため使用できません。

妻の不安を少しでも取り除いてあげるためは何が出来るかという視点で考えてみました

f:id:do-butsunomori:20200412112008j:plain

妻の感染リスクを最小限に抑えるための行動

感染した場合に薬を使えないのであれば絶対に感染させないという部分に注力するしかないと思います

外出時にマスクを着用

これはもう基本中の基本だとは思いますが、これだけ報道されている現在にも関わらずまだまだ外に出たときにマスクを着用していない方が多く拝見されます

絶対にマスクを着用しましょう

すれ違う人が感染しているかもしれません

あなた自身も感染しているかもしれません

当事者意識を強く持ちましょう

外出は必要最低限に

自身の家族が感染していない状況なのであればあなたの自宅は最強のシェルターです

いま時点から外に出なければ感染することはないでしょう

ただし外出せずに生活が送れるなんてそんなことできる人は一握りだと思います

もしかしたら1人もいないかもしれません

それであれば外出する回数を最小限に抑えましょう

買い物であれば必要なものをできるだけ1度の外出で終わらせましょう

今日はこれを買って明日はこれを買いに行こうという行動をするだけで感染率は2倍に増加します

外出の人数も必要最低限に

家庭を持つ方のお子様はお腹の中の赤ちゃんだけではなくその子のお兄ちゃん、お姉ちゃんがすでにいる方が多いと思います

しばらく自粛、自粛の生活の毎日なのでスーパーへの買い物くらいは子供を外に連れ出そうと考えることもあるかと思います

ですが今はやめましょう

リスクを最小限に抑えるのです

一緒に外に出る人数が増えるだけ感染率は高まります

小さな子どもであれば色んなところを触って回ります

なめたり口にすることも多いです

なるべく買い物は旦那さんお一人で行うようにしましょう

空気清浄機、加湿器の導入

これはコロナのためというよりはコロナ以外の感染症への予防、風邪の予防のためにという意味合いが強いです

空気清浄機、加湿器をつけていて損はないと思います

きれいな空気と適切な湿度を維持して環境を整えましょう

妻の精神的負担を最小限に抑えるための行動

妊娠中の妻を感染症から守ることのみが夫の役割ではありません

感染症予防よりもむしろこちらの方が大切かもしれません

まずは妊娠中の女性の体の負担、心の負担というのは男性から想像することがとても難しいと思います

私自身も痛み、辛さを妻と共有し合うことはできないのでそこに関しては全く分かりません

分かりませんがそれでも分からないなりに想像するのです

最大級に想像したうえで寄り添いましょう 

巻き取れる家事/育児を全て担う覚悟&行動を見せよう

奥様の妊娠週数にもよると思いますが妊娠初期であれば悪阻であったり妊娠後期であればお腹が大きなっていたり場面場面で状況は違うと思います

それでも家事/育児は必ず行う必要があります

そこはもう旦那がやりましょう

今すぐやりましょう

「仕事があるから」「疲れているから」分かります

私もそうです

それでもやるのです

あなたの家庭の中で巻き取れる家事/育児は全て巻き取りましょう

100%の巻き取りは不可能だと思います

私もそうなので理想ばかりは言いません

大事なのは奥様にどれだけ寄り添えるか&寄り添ってくれていると思ってもらえるか

です

やってるアピールをしろと言ってるわけではないです

しっかり言葉と行動でサポートをするのです

自身のストレス/不安を見せないポーカーフェイス

これも上記と重なる部分が多いのですが

「仕事で嫌なことがあった」「上司から〇〇言われた」「残業が多い」「仕事が面白くない」

などなどまぁ男性は男性なりに色々あります。分かります。私もそうなので

その色々を妻に伝えるのはもちろん大事です

なにも妻に情報出さないのはそれはそれで問題だと思うので

ですが今回伝えたいのはあなたが抱いてるストレスや不安をそのまま奥様にぶつけないようにだけ気をつけて下さい

ということです

相談はガンガンしましょう

八つ当たりの形にならないようにだけしましょう

大変なことたくさんあると思います

ですが今はクールにカッコつけましょう

ポーカーフェイスですポーカーフェイス

できたあなたは超かっこいい

コミュニケーション量を増やそう

しっかり奥様とお話をしてあげてください

日頃から夫婦間のコミュニケーションはとても大事ですが妊娠中のコミュニケーションは更に大切だと思います

「なんか困っていることない?」「痛いところない?」などヒアリングでもいいでしょうし馬鹿話をして笑わせることもとても大切です

大して面白い話ができなくても問題ないです

きっとお腹の赤ちゃんも父ちゃんの声聞いてます

ガンガン話をしましょう

未来を描いて先導してあげよう

こんなご時世です

正直この先の将来がどうなるかなんて想像できない部分もたくさんあります

ですが描きましょう

ステキな未来を描きましょう

少しでも明るい未来をイメージして奥様と赤ちゃんを良い未来に先導してあげてください

「生まれたらこんなことしよう♪」「一緒にあそこにいこう♪」

なんでも良いです

しっかり旦那さんが楽しんでイメージをシェアし合いましょう

コロナなんて流行っていなくてもただでさえ不安&負担盛りだくさんの妊婦さんです

男ができることなんてたかが知れています

だからこそ最大限に寄り添いましょう

笑いましょう

世界中の赤ちゃんが無事に元気に生まれることを願っております